エアコン完全分解クリーニングをさせて頂いた後、お客様に是非おすすめしている方法があります。

エアコン完全分解クリーニングは確かに安い料金ではありません。

なので、クリーニング後の内部にカビが一切無い状態をなるべく長持ちさせて頂きたい気持ちがあります。

そこでおすすめしている方法ですが・・・

冷房使用後は必ず暖房30℃で、30分以上運転させる

この理由は、冷房使用後の内部の結露を素早く乾かすためです。

エアコン内部に付いたホコリや雑菌と水が混ざり合うと、カビの格好の餌となりカビの繁殖を促進してしまいます。

なので特に夏場はご自分での定期的な清掃と合わせて実施して頂きたいです。

夏場ずっとスイッチを切らないのなら秋口に切るタイミングで。

夏場に暖房なんて…と思われるなら、お出かけの直前や起床後の寝室からの退室時などに、「暖房30℃で30分~1時間タイマー」をセットでOKです。

ちなみに冬場の暖房使用時はエアコンにカビは生えません。

フィルターやダストボックスは勿論、その他着脱可能な物の定期的な清掃

シンプルなタイプなら簡単ですが今時の「フィルター掃除機能付き」の場合、フィルターを始め様々な部品の着脱が何かと複雑で嫌悪感もありますが、取扱説明書にも必ず「メンテナンス」項目があり手順の記載があります。

ご自分でできる範囲で構いませんので、外せる物は丸洗い。

外せない物は掃除機がけや拭き掃除だけで充分だと思います。

部屋の効率的な換気と清掃

エアコンに限らず放置されたホコリは、ただ目に見えていないだけで空間を24時間浮遊しています。

その上ただでさえ高所にあるエアコンは日常の清掃でスルーされがち。

空気清浄機を回しているとしても、たまには2か所以上窓を開けてしっかり空気を入れ変えて、掃除機掛けも隅々まで心がけてみましょう。

主に以上の3つをお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です